ツーリング中のスマホの熱暴走を最小限に!

どうも。@Tonyです。
暑い夏、スマホでナビを使いながらのツーリング
ナビがないと不安ですもんねw
しかし、真夏日ともなると気温も上昇
当然、スマホも熱くなります。
そんな状況を少しでも回避しましょう!

f:id:bikeinfobu:20200613062151j:plain

真夏のツーリング

ツーリング中にやってはいけないこと

充電をしながらナビを使う

大事なので最初に書きました。
ナビを使うとき
スマホホルダーにつけてますよね?
当然、直射日光にあたりスマホの温度は上昇します。
本体だけでも熱い状態
そこに線をつなぎ充電するとどうでしょう?

充電と放電を繰返すことで発熱します。
バッテリーに負荷がかかるから

後、やりがちなのが複数のアプリを使うこと
同時起動することでCPUに負荷がかかります。
頑張って働くから熱がでる
そして、防水のスマホは気密性が高いので
熱が外に出にくいというデメリットもあります。

外からと中からの熱で
スマホの温度はかなり上昇
そんな状態を避けた方がいいのはわかりますよね?

急な冷却はしない

・水で冷却しない
高温になったスマホは水との温度差があります。
このため、内部が結露
これでは画面が見えにくくなりますw

・保冷剤
凍った保冷剤は水より温度差がでます。
当然、結露する可能性が増えますよね?

・エアコンに直接あてる
ツーリング中にエアコンがある場合は少ないです。
コンビニに入って
送風口にスマホをあてることはまずありません。
ですが、こちらも気をつけていただきたい。
結局、結露するから(笑)

熱対策グッズ

需要があるのか少し検索すると
さまざまなグッズがヒットします。

パソコンのファンを外付けしている
そんなイメージですね。

こちらはヒートシンク系
スマホの熱を取るという感じです。

iPhoneにはこんなケースも

しかし、グッズは色々あるのですが
ツーリング先では邪魔になります。
ホルダーにも収まりませんしねw
荷物が増えても大丈夫!って人は試して下さい(笑)

その他の冷却方法

・ケースを変える
シリコンは熱がこもります。
なので、通気性のよいメッシュやバンパー
本当はケースなしがいいのですが、
落とした時の不安がありますからねw

・アルミホイル
スマホとホルダーの間にアルミホイル
風に当たると冷却効果がふえるので
走ってる時にはいいとおもいます。

・10円玉を置く
なんのこっちゃ?と思われそうですが
10円玉の素材は銅
※本当は他にも素材は入ってます
この10円玉をスマホに並べると冷却されます。

f:id:bikeinfobu:20200613071934j:plain

スマホに10円玉

イメージとしてはこんな感じです。

まとめ

・ナビを使いながら充電しない
・急激な冷却はしない
・熱対策グッズをつかう
・自然冷却をする
暑さと戦いながらのツーリングになる夏
それでもバイクには乗りたいんです!
しかし、熱対策をしないと最悪スマホは故障
故障したらナビどころではありませんからねw

そう言えばこんなことがありました。
7月ごろの真夏日
35度前後だったと思います。
インカムから聞こえる電話のコール音
こちらが発信者でしたw
しかも、取引先への電話でした(ノД`)シクシク
何もしてないのに勝手に電話とかやめてほしいw

梅雨があければ夏本番です!
楽しいツーリングが待っています(暑いけどw)
快適に楽しくツーリングしましょう♪

ご安全に~

 

いつもクリックありがとうございます♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ