バイク

バイクを売る!損してませんか?一括査定?損をしない方法とは!

目安時間 13分
  • コピーしました

どうも。@Tonyです。

バイクを売る時、損をしていませんか?

 

もし、あなたが
子供の為に愛車を手放すなら

 

もし、あなたが
次のバイクを手に入れる為に愛車を手放すなら

 

もし、あなたが
バイクに乗れない状況になって渋々愛車を手放すなら

 

 

人により状況は様々ですが、
愛車を手放す事に変わりはありません。

思い出をお金に変えると言う事ですね。

 

 

ですが、
少しでも高く売れる方法があるとしたら?

 

あなたは実践しますか?

f:id:bikeinfobu:20200101154031j:plain

結論

 買取専門業者にオークションをしてもらう!

え?
バイク買取業者なのにオークション?と思いますよね(笑)

 

しかし!
業者さんが複数集まるとオークションが始まるのです^^

それでは、ボクの失敗談も交えて

 

愛車を少しでも高く売れる方法を紹介します!

失敗談

失敗談はコチラをどうぞ^^

www.bikeinfobu.com

 

 

失敗も経験しつつ何台かのバイクを売却しました。
20台ぐらいは手放してますかね?

売却手段

売却手段は大きく分けて4種類あります。

友人などに個人売買
オークションやネットフリマ
ディーラーやバイクを販売&買取してくれる店舗
バイク専門買取業者

個人売買

ボクも10代の頃にはよくしましたが、
大人になると結構めんどくさいんです(笑)
書類の用意などでも時間は取られますしね~

 

それに、トラブルがあると交友関係にも支障をきたすかも知れません。
あまりオススメ出来ません。

オークションやネットフリマ

昔からあるヤフオクに最近ならメルカリなど
これもオススメは出来ませんね。

 

個人売買同様に書類など用意の他
販売手数料などが引かれるので
仮に50万円で売れても5万円も持っていかれます。

 

 

高額になると手数料も高くなるのでもったいない!
経験者は『もうネットで売らない』と言う方ばかりです。

ディーラーなどの店舗

店舗を利用するのは乗換えの時が多いのではないでしょうか?
次に購入するバイクの為に下取りに出す感じですね。

 

私も日本4大メーカーや買取もしてくれる店舗に
見積もりをしてもらった事もあるのですが、
かなり細かくチェックされます。

 

また、一般的な買取金額より安いです。

 

特にディーラーは自社以外の車輌には厳しいです(笑)

 

リスクは少ないのですが、何件も回った挙げ句に
足元を見られるような金額になるので
やはりオススメは出来ません。

 

 

町のバイク屋さんでは
これやったら2万で買い取ったるで~

 

とか、もっと値段が付いているのに
マウンティングされる場合があります^^;
どちらにしてもオススメは出来ません。

バイク専門買取業者(一括査定)

今最も熱い売却方法ではないでしょうか?
某メーカーのディーラーさんにも

大きな声では言えませんが、一括査定の方が高く売れますよ。

 

など、言われます(笑)

 

また、不動車でもOK!
キャンセル料もなし!
諸々の手続きもお任せ!

 

 

もう、
バイク専門買取業者に決まりですね♪

 

しかし!
まだ大事な事があります!

バイク専門買取業者(一括査定)のデメリット

やはり、少なからずデメリットは存在するもの。
人により気にならないかも知れませんが念の為。

 

 

一括査定を申し込むと業者から
一斉に電話がかかってきます(笑)

 

固定電話ならまだいいのですが、
携帯電話からかけられると相手の電波が弱い時があり
あまり聞き取れない場合もあります^^;

 

 

この時点で1対多数となり
やり取りも交渉も多数とする事になるのです。

ですが、これがメリットにもなりますので後述しますね^^

 

 

いよいよ一括査定を申し込む訳ですが
ボタンを押す前にちょっと待って!

ここでの方法は2つ

一括査定のサイトで申し込み
複数のバイク買取専門業者への申し込み

どちらの方法にするにしてもメリットはありますので^^

スポンサーリンク



申し込む前に愛車を洗車しよう!

売却を決めたとは言え愛車
綺麗にしてお別れをしたいものです。

それに、査定員の評価も上がります。
もしも逆の立場で汚いバイクを見せられると印象も悪いですよね?

 

何時間もかけてピカピカにする必要はありませんが、
なるべく綺麗にしておきましょう♪
洗車をする事で、傷などの確認にもなりスムーズに交渉も出来ます。

売却するタイミングは?

バイクは気温を肌で感じる乗り物です。
したがって、春先から夏にかけてバイクは売れます。

 

そのため、通常時より高額で売れます。
と、書かれている記事を見かけますが
特に高額にはならないようです。
※この事も後述します。

 

 

4月になると税金が発生します。
自賠責保険も少なくなります。

 

車検がある車輌なら車検も近づいてきます。
部品も劣化します。

 

放置しているとバッテーリーがあがります。
時間が経てば経つほど愛車の価値は下がるのです。
※旧車などの人気車種は除く

 

 

バイクを売りたいな~
と思ったらその時が売り時です!
悩む気持ちも分かるんですけどね(笑)

愛車の確認

愛車を売却する時、車種や走行距離によって価格は変わってきます。
人気車種か?
年式は?
希少車輌か?
これらを確認しておく事で相場が大体掴めます。

カスタムの有無

純正かカスタム車輌かによっても価格は変わってきます。
カスタム車輌に強い業者も弱い業者もあります。
カスタム車輌でも純正パーツの有無でも変わります。

 

一度、パーツの整理をしましょう!

 

手間を惜しまないのであれば、
カスタムパーツをバラ売りするのも1つの方法です。
カスタム車輌はよく考えて売却しましょう♪

業者の価格基準

査定をしてもらった時に出される価格の基準ですね。
業者には業者がやり取りするオークションがあります。

 

そのオークションの価格が基準になっているんですね~
ですので、オークションの価格より安い金額を提示されます。
業者も商売です。

 

出来るだけ利益は残したい物。

 

しかし、あなたは
その基準になっている相場まで近づけて売却するのです。

 

ここで、前述した「売却するタイミングは?」の
通常より高く売れる!です。

 

結局は、このオークションの相場なので
夏だろうが冬だろうがその時についている価格なのです!
一応、査定員にも裏は取ってます(笑)

 

 

いよいよ一括査定のボタンを押しましょう!
電話がかかってきたら日時を決定します。
ですが、ここでも大きなポイントがあります。

 

 

出来るだけ3社以上の査定日時を同じにしましょう!
例えば、6社から依頼が来た時に全社をバラバラに設定すると時間がかかります。

 

各社1時間としても6時間かかりますからね~

例えば
A社:30万円
B社:28万円
C社:31万円
と査定額を提示したとしましょう。

 

バラバラに査定をしてもらう場合は
「さっきは30万円と言われました。もう少し高くなりませんか?」
などといちいち交渉しなければなりません。

 

 

スポンサーリンク



時間の節約と共に売却金額を上げる方法

各社、それぞれ査定は行うのですが
複数社が同時に立ち会う場合、その場でオークションがはじまります!

 

上と同じ査定額を提示されていても
各社で競ってくれるのです♪

 

 

ですので、
必然的に金額は上がります! 

 

 

ボクがハーレーを売却した時は何と!
20万円以上上がりました♪

 

一番低い査定額から考えると30万円も!です。
更に、査定員さんの提案で駆け引きをして
5000円おまけで上乗せしてくれました♪

 

 

最初に査定してもらった時に安すぎるから
帰ってもらって良かったです(笑)

 

この時、偶然3社が居合わせたので運が良かった♪
※不動車や不人気車は金額が上がらない場合もあります。

 

 

後、査定員とは仲良くなっておきましょう!
時間が無い時などに直接連絡すると手間が省けますし
リピーターだと上乗せしてくれる可能性があります。

 

ボクは1万円ほど上乗せして貰った経験もあります。

売却後に必要な物

1.車検証や自賠責保険
2.印鑑
3.免許証などの本人確認書類
4.委任状や譲渡証

4は業者さんが用意してくれますので用意しなくても大丈夫です。

余談

定期的に愛車の金額を確認しておくのもいいですね^^
おおよその価格が分かっていると売却時にも安心です。

中には個人情報を入力しなくても大丈夫な査定もありますので
個人情報を入力したくない方にはおすすめします。

まとめ

・洗車をする
・個別で売りたい場合はパーツを純正に戻す
・複数の業者を同時刻に来てもらう
・金額が確定しても査定員さんと交渉する
・今後の為に査定員さんと仲良くする

愛車を売却するにも面倒な方法も楽な方法もあります。
また、知識不足で損な売却はもったいない!

 

売却するなら楽に!高く!売却しましょう♪

決して妥協せずに
自信を持って高く売却して下さい。

 

 

業者の比較はコチラ

www.bikeinfobu.com

 

 

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

tony

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
サイト内検索
プロフィール

Tony

  最近の投稿
人気記事
カテゴリー