バイク

KIJIMAアクセサリーパワーユニット?デイトナアクセサリー電源ユニット?

目安時間 14分
  • コピーしました

どうも、@Tonyです。

最近は、ドラレコや
スマホの充電となにかと
電源を取り出さないといけません。

 

出来れば、簡単に取り出したいもの。
そこで、今回は
キジマとデイトナを比較してみようかと。

 

f:id:bikeinfobu:20210912042727j:plain
出典:Amazon

f:id:bikeinfobu:20210912042619j:plain
出典:Amazon

電源数

取り出せる電源数は
キジマもデイトナも3つ

 

スマホの充電
ドラレコ
グリップヒーター

 

こんな感じで使えます。

ここはこれ以上になると
難しいのかな?

 

あまり多すぎても
使いみちがないと意味がないですからね。

 

 

スポンサーリンク

見た目

スッキリしているのはデイトナ
キジマは取付位置を考えてのこと。

 

小さいので、メーターの裏や
フレームなどにも付けれます。
なので、大きいと邪魔になる。

そんな意味合いでしょうか。

 

一方、デイトナは
シート下で一括管理をする。

なので、見た目にも
スッキリ見せているのだと思います。

 

本体サイズ
キジマ    :縦42mm×横32mm×厚み26mm
デイトナ:縦42mm×横85mm×厚み24mm

 

若干、デイトナが大きいですね。

デイトナもフレームに付けれるんですが
場所によってはちょっと大きく感じますね。

値段

値段はどちらも2,500円前後
定価はデイトナの方が高いかも知れませんが
販売価格は似た感じです。

 

デイトナの方が
ディテールが凝ってるからかな?
ヒューズの関係?

販売価格が似た感じなら
後は取付位置と好みですね。

 

メインキーのON/OFFIで
一括管理が出来たりするのは同じ。

内容的には変わりませんね。

まとめ

大型車なのか小型車なのかでも
使い方が変わって来ると思います。

 

収納場所に頭を悩ませる部分も
バイクの特徴ではあるので
車両のスペースが問題ですね。

 

他にも、アフターパーツで
収納の場所が占拠されている場合
キジマの方がコンパクトでいいかも知れません。

しかし、両方つけるとどうなるんだろう?
そんな事を考えるのはボクだけでしょうか(笑)

 

 

ご安全に~~~

いつもクリックありがとうございます♪

にほんブログ村 バイクブログ バイクライフへ

  • コピーしました

この記事に関連する記事一覧

この記事を書いた人

tony

コメントフォーム

名前  (必須)

メールアドレス (公開されません) (必須)

URL (空白でもOKです)

コメント

CAPTCHA


トラックバックURL: 
サイト内検索
プロフィール

Tony

  最近の投稿
人気記事
カテゴリー